Ruby
file-icons

以前、[追記5個]Atomで使ってるパッケージ32個解説file-iconsを紹介しました。Atomエディタのツリービューにおいて、ファイルの種類をわかりやすく表示してくれるパッケージです。

説明のために実際の画像を付けましたが、メジャーな言語のファイルがほとんどありませんでした。
そのため今回はRubyを少し使い、練習がてら作りなおしてみました。

成果物

完成図はこのようになります。
file-icons
[言語名.拡張子]でメジャーなプログラミング言語のファイルを作りました。この各ファイルを自動で生成するのが今回のミッションです。(メジャーかどうかは個人的な判断。)

解説

ソースは以下のようになっています。

require 'FileUtils'

# 各言語の配列を用意
langs = ['ActionScript.as',
        'C.c',
        'C++.cpp',
        'COBOL.cobol',
        'CoffeeScript.coffee',
        'C#.cs',
        'CSS.css',
        'Clojure.clj',
        'Dart.dart',
        'Erlang.erl',
        'Go.go',
        'Haskell.hs',
        'HTML.html',
        'Java.java',
        'JavaScript.js',
        'Lisp.lisp',
        'Lua.lua',
        'MATLAB.mat',
        'SQL.sql',
        'Objective-C.m',
        'OCaml.ml',
        'Pascal.pas',
        'Perl.pl',
        'PHP.php',
        'Python.py',
        'R.r',
        'Ruby.rb',
        'Rust.rs',
        'Scala.scala',
        'Scheme.scm',
        'VBScript.vbs']

# 保存先
path = 'C:/Extensions/'

# 保存先が存在しなければ作成する
FileUtils.mkdir_p(path) unless FileTest.exist?(path)

# 言語ごとのファイルを作成する
langs.each do |lang|
  filePath = path + lang
  File.open(filePath, 'w')
end

とても簡単ですね。面倒なのは配列を用意することぐらいでした。